フランスワーキングホリデービザについて

ワーキングホリデービザとは、フランスと日本の若者たちが休暇を利用して、双方の国の文化や生活習慣にふれられる良い機会を与える為のものです。
また、現地での滞在費用を補うために就労が許可されています。
 

ワーキングホリデービザ申請サポート料金

留学・渡仏のご相談はこちら

ビザを取得するための条件

● 申請時に満18歳以上30歳未満であること(30歳のお誕生日の前日まで申請が可能)
● フランスを知るための渡航で、なおかつ仕事に就く意思があること
● フランスへワーキングホリデービザを過去に取得していないこと
● 子ども同伴ではないこと

 

ワーキングホリデービザの特徴

● ワーキングホリデー・ビザの有効期限
 フランスに入国した日から1年。入国する日付はビザ申請時に決まっていること。
 このビザはフランス本土の各県においてのみ有効(海外県・海外領土は除く)
● ワーキングホリデービザ所持者は、滞在中にその滞在期間の延長や身分の変更はできません。
● ビザの発給は1回限りですので、十分にご注意ください。フランス滞在中もしくは出発前にパスポートを紛失、盗難しても再発給されません。

 

どうやってビザを取得するの?

ワーホリビザを取得するためには、まず在日フランス大使館による書類審査(ビザ審査)を通過する必要があります。大使館でのビザ申請時に、生体認証の採取(指紋の撮影)が行われているため、ビザ申請はご本人自身が東京のフランス大使館に出向かなくてはなりません。
必要書類をしっかり確認し、準備しましょう。

 

AJ-FRANCEでワーホリビザに関する不安を解消!

ワーホリビザ申請には、様々な書類提出が必要です。その中でも動機書はとても重要で、ビザ取得の可否を左右する大事な書類です。
動機書の書き方でお悩みの場合、当社にてアドバイスいたします。今までたくさんの方々の申請動機作文を添削してきたノウハウで、文章だけでなく内容までしっかりチェックさせていただき、効果的な添削指導をおこないます。

お申し込み・ご相談はこちら

 

ワーホリビザ申請サポートの内容

  • ビザ申請までのスケジューリング管理
  • ビザ申請の必要書類をご案内
  • ビザ申請(大使館)の予約取得代行
  • 動機書(日本語、仏語または英語)の添削
  • 履歴書および滞在計画書の内容チェック
    (内容に不備がある場合は修正点をアドバイス 1)
  • 長期ビザ申請書の作成
  • ビザ申請の提出書類をチェック
  • その他ビザ取得に関わるアドバイスやご相談

1 動機書・履歴書・計画書について、上記のワーホリビザ申請サポートにお申込いただきますと、ビザの申請に相応しい文章かどうかチェックし、添削をさせていただきます。また、フランス語もしくは英語の翻訳(別途料金)も賜ります。弊社は大使館指定の翻訳会社です。

*手続き方法は予告なく変更されることがあります。詳細は在日フランス大使館ホームページで必ずご確認ください。
*当社のビザ申請サポートサービスは、申請方法のご説明、書き方等の指導を行うものであり、窓口申請を代行するものや、ビザ発給を確約するものではございません。 各種ビザ発給の可否は、フランス大使館領事部等の判断によるものであり、ビザ発行に関する一切の責任を負いかねます。また、ビザの否却・遅延により発生した料金の払い戻しや、サポート料金の返金は一切いたしかねますのでご了承ください。