フランス学生ビザ

学生ビザは、フランスの教育機関へ3ヶ月以上の留学を目的とした場合に申請するビザです。一般的に、週20時間以上のフランス語コースを受講することが条件とされ、規定時間内での就労も認められています。また条件を満たせば、現地で滞在を延長することも可能です。

【!ご注意!】
個人的な目的の場合(修了証、ディプロム、資格を取得することが目的ではない場合)、この学生ビザは適応されず、ビジタービザを申請しなければなりません。 ご自分に合ったビザを申請していただけるよう、まずは無料カウンセリングでご相談ください。

学生ビザ申請サポート料金

留学・渡仏のご相談はこちら

 

学生ビザの申請方法

2010年より、3ヶ月を超える長期学生ビザ申請者は、フランス大使館でビザを申請する前に、CampusFranceでの手続きを全て完了する必要があります。また、 2015/10/13より、生体認証情報(手指10本の指紋)の採取が再開され、申請者本人が東京のフランス大使館に行かなくてはなりません。
学生ビザ申請は大きく下記のように2段階に分かれています。
①まずCampus France(フランス政府留学局)の登録・面接
②その後に大使館でビザ申請

詳細は、当社ビザ申請サポート内でご案内しております。お気軽にお問い合わせください。

 

学生ビザ発給までにかかる日数

審査に要する期間は、書類が全て揃った上で、約2週間です。
ただし、それ以上に時間がかかる場合もございますので、時間に余裕を持って準備を進めましょう。

 

AJ-FRANCEで学生ビザに関する不安を解消!

AJ-FRANCEの学生ビザ申請サポートは、申請書類のチェックはもちろん、Campus Franceのアカウント作成〜予約取得(履歴書、動機書の作成、各書類ダウンロードなど数多くのステップをサポート)まで、複雑な登録手続をお客様に代わって行います。時間がない方や、フランス語が不安だという方にぴったりです。

お申し込み・ご相談はこちら

 

学生ビザ申請サポートの内容

  • ビザ申請までのスケジューリング管理
  • Campus Franceのアカウント作成代行
  • Campus Franceへのオンライン書類提出代行
  • Campus France利用料の支払代行
  • 面接(Campus France)の予約取得代行
  • Campus Franceの面接アドバイス
  • 履歴書・動機書(フランス語もしくは英語)の内容をチェック
    (内容に不備がある場合は修正点をアドバイス 1)
  • ビザ申請の必要書類をご案内
  • ビザ申請の提出書類をチェック
  • ビザ申請(大使館)の予約取得代行
  • 長期ビザ申請書の作成
  • OFII申請書の作成
  • その他ビザ取得に関わるアドバイスやご相談

1 履歴書・動機書について、上記の学生ビザ申請サポートにお申込いただきますと、学生ビザの申請に相応しい文章かどうかチェックし、添削をさせていただく場合もあります。また、フランス語もしくは英語での作成が難しい場合、翻訳(別途料金)を賜ります。弊社は大使館指定の翻訳会社です。

*手続き方法は予告なく変更されることがあります。詳細はCampus Franceホームページおよび在日フランス大使館ホームページで必ずご確認ください。
*当社のビザ申請サポートサービスは、申請方法のご説明、書き方等の指導を行うものであり、申請を代行するものや、ビザ発給を確約するものではございません。 各種ビザ発給の可否は、フランス大使館領事部等の判断によるものであり、ビザ発行に関する一切の責任を負いかねます。また、ビザの否却・遅延により発生した料金の払い戻しや、サポート料金の返金は一切いたしかねますのでご了承ください。