フランスのホームステイ・住居探し

フランスでの住居探しは、煩雑な手続きや日本の感覚と違う部分があるため、思い通りに進まないこともしばしば。さらにフランス語となると、不安も大きくなります。
AJ-FRANCEの住居手配サポートなら、ホームステイはもちろん、パリの提携不動産会社を通じてステュディオやアパートをご紹介。 その他、地方のレジデンスなどもご相談ください。

住居手配のご相談・お申込みはこちら


住居探しのQ&A

住居に関してよくいただく質問をまとめました。

住居Q&A - よくある質問

 

住居探しを始める前に

まずはどういた滞在スタイルがあるのか、一般的な例をご紹介。
留学中の住居をお探しの方、ホームステイのみされたい方、自由にアパート暮らしをされたい方、etc...
期間や場所、目的に応じて滞在先を手配いたします。
詳しくは、それぞれの滞在スタイルをクリック!

学校紹介の住居(※1) 学校を通じて住居を手配。手配可能な住居は学校によって異なり、ホームステイ、学生寮、ステュディオ、シェアハウスなど様々。
学校登録期間のみ、利用可能。語学学校と合わせてお申し込みください。

 

ホームステイ フランスの家庭に滞在し、フランスの文化や習慣に触れながら、暮らすことができます。1週間〜長期まで受け入れ可能。
基本的に個室が準備され、バスルーム・トイレはホストファミリーや他の留学生と共同で使用するのが一般的。
食事は「朝食のみ」「朝夕食込み」などが選べ、キッチンや洗濯機の使用も家族に確認して使用できます。
AJ-FRANCEでは、長年提携のある現地ホームステイ協会を通じファミリーをご紹介しています。
学校に通わない方でも、ご利用いただけます。

 

レジデンス 主に学生向けの、大学付属や民間経営の寮。
部屋は個室で、ベッド、机、椅子、棚など一通りの家具が備わっています。キッチンやシャワールームは共同使用で、家賃もリーズナブル。
最近は、個室にミニキッチンやシャワーが備わったワンルームタイプも増加傾向で、近代的で快適だと人気です。
洗濯は施設内のランドリースペースや近所のコインランドリーなどを利用。
現地の学生も申し込むため、競争率が高く、早めの申し込みが必要。短期滞在は難しく、最低賃貸期間が1年間などのところも多々。

 

ステュディオ
/
アパート

ステュディオは、いわゆる1人暮らし用のワンルームマンション。小さなキッチン、ユニットバスなどの他、ベッドや机、イスなど一通りの家具付き。
家賃は部屋の広さや立地、設備によって異なり、住人も学生から社会人など様々。最近ではインターネット環境が初めから整備されている物件がほとんどです。
賃貸契約を結び、前金や保証金、保証人を求められます。

 

アパートは、一般的に2部屋以上あり、寝室とリビング、キッチンなどが分かれている賃貸物件。家具付きで貸し出されることが多く、生活に必要なものはひと通りそろっています。ご夫婦や家族での利用が主流。友達とシェアハウスとして利用することもあり。
提携するパリの不動産会社を通じて、ご希望にあった物件をご紹介いたします。

 

アパートホテル 長期滞在向けのホテル。部屋にミニキッチンや冷蔵庫などが付いていて、簡単な調理もできます。洗濯はホテルのクリーニングサービスや、近所のコインランドリーを利用。リネンやタオル類の交換はホテルサービスに含まれ、オプションで朝食付きサービスを頼むこともできます。
宿泊費はホテル価格に近いため、長期利用よりは、数週間の短期滞在などで便利。

 

FIAP FIAP Paris(フィアップ・パリ)はパリ14区にある向けの多目的宿泊施設。トイレ、シャワー、ベッド、机、イスなどが完備されていて、共有スペースにカフェ、コインランドリーなどもあります。
1人用の個室の他に、2〜6人用のシェアルームをリーズナブルな料金で使用できます。シェアルームは18〜30歳まで、最大6泊の利用が可能。
【料金】34ユーロ〜(ドミトリー・5〜6ベッド・朝食付き)/73ユーロ〜(一人部屋・朝食付き)

 

(※1)トータルプランをお申し込みの方は、学校手配による滞在先が含まれています。その他の滞在先をご希望の場合や、学校が手配していない場合に【住居手配サポート】をご利用ください。

*住居手配サポートは、お客様に代わって不動産仲介会社やレジデンス運営会社、家主等との手続きを仲介するものです。弊社独自で住居を運営管理するものではありません。
*住居手配サポートは、契約完了、入居までをサポートするものです。ご入居後の問題等はご相談をお受けしておりませんのでご了承ください。