フランスで住居探しについて

フランスでの住居探しは、日本とは勝手が違い、住まい探しや多くのややこしい手続きを踏まえる事もあります。さらにフランス語となると、やっぱり不安はつきものです。私達、留学カウンセラーが、スムーズな手続きや、気を付けておきたい注意事項をしっかりふまえ、皆様の快適なフランス生活を実現する為のアドバイスをお伝えいたします。


住居探しを始める前に…

まずは、お客様のご希望をお伺いし、どのような選択が相応しいか考えます。

留学・渡仏のご相談はこちら

物件を見つける

パリに住むにも、地方に住むにも住居探しは大変です。
特に、パリで家探しをするのは非常に困難で、人気の学生寮も競争率が非常に激しく、早い者勝ちです。といっても、住まい探しの方法は様々ですので、条件に近い物件をピックアップしてご紹介いたします。お得物件は競争率が高いですので、気になる物件があれば、早めのお手続きがおすすめです。

住居スタイル

・ホームステイ
・アパート
・シェアハウスまたは貸部屋
・寮

例えば、浴槽有無や地区によっても料金に差が出ます。ご希望条件が全て通るとは限りませんので、これは外せない!といったポイントを絞る事もポイントです。

ホームステイ / 貸し部屋

メリット
フランス語を勉強する上で一番大切な事は、慣れることです。ホームステイはそれらの絶好のチャンスと言えるでしょう。また、フランス人の家庭で暮らす事は、フランスの文化や日常など、学校では勉強できない事を学ぶことができます。ホームステイでは受け入れファミリーの自宅内一室に滞在することになり、トイレやバスルーム等はホストファミリーと共有します。食事は朝・夕食の2食付きや、朝食付き、食事なしなど選択することが可能です。アパートや寮などの賃貸契約では、保証人をたてる必要があったり必要書類があったりということがしばしばありますが、通常、ホームステイ手配ではそのような面倒な契約手続がないため、比較的スムーズにフランスの住居を見つけることができます。

デメリット
実際にフランス人家庭に入ってホストファミリーと生活を共にするため、やはり一人暮らしに比べると自由度が下がります。好きな時に洗濯をしたり、好きな時間に帰宅というのが難しい場合もあります。制約無しにフランス生活を送りたい方は、アパートの方が良いかもしれません。


ステュディオ / アパート

メリット
ご紹介させていただくアパートのほとんどが家具付きです。一人暮らしは、何といっても自由度が高いというのが大きな魅力ではないでしょうか。予算や条件等にもよりますが、お客様のご希望にできるだけ近い住居を探しましょう。

デメリット
一人暮らしとなると、学校と自宅の往復のみといった生活になりがちです。気がつけば、せっかくフランスに住んでいるのに、実際にフランス語を話す機会があまりない、といった状況になることも…
積極的に外に出ることで、そんな悩みを解消することも可能です。一日だけや、数日だけのお稽古レッスンに通うことで、出会いの場へ繰り出すこともいいかもしれません。


学生寮 / レジデンス

学生寮の多くは家具付きのワンルームタイプです。通常、どのタイプにも寝室・簡易キッチン・玄関・シャワールームが備わっていますので、プライベートもしっかり守られている傾向にあります。家賃も非常にリーズナブル。学生寮は人気のため、早い段階から空きが無くなる傾向にあります。

メリット
通常、学校付属の学生寮は同じ学校に通っている同年代の学生と一緒に生活することになります。そのため、一人暮らしよりもフランス語を喋る機会を増すことができるでしょう。

デメリット
寮にもよりますが、門限があったり友人を家に入れることに制限があったと、アパートに比べると自由度は低いと言えるでしょう。また、寮によっては、 シャワー室、キッチン、トイレなどが部屋の中になく共有の場合があります。


FIAP Paris(フィアップ・パリ)

FIAP Parisはパリ14区にある若い女性向けの多目的宿泊施設の一つです。トイレ、シャワー、ベッド、机、イスなどが完備されています。時期にもよりますがエクスポジションやコンサートなどのアクティビティもあります。

料金:

  • 31,20€〜(ドミトリー・5〜6ベッド・朝食付き)
  • 65,2€〜(一人部屋・朝食付き)
  • 別途料金にて昼食・夕食付きも可